日系ベルマーレとは

日系ベルマーレ / パラグアイ

Nikkei Bellmareロゴ
設立2006年9月1日
理事長淵脇 隼人
副理事長水谷 尚人(湘南ベルマーレ取締役)
顧問ニコラス・レオス(南米サッカー連盟会長)
真壁 潔(湘南ベルマーレ代表取締役)
所属リーグパラグアイリーグ 4 部

2006 年、湘南ベルマーレやパラグアイ日系商工会議所をはじめとした方々の協力を得て、日系ベ ルマーレ(CLUB NIKKEI BELLMARE) は、設立された。湘南ベルマーレでは、強化プログラムの 一環として、外国籍のないパラグアイリーグで若手選手の派遣・育成・強化を図る計画を持ち、 同リーグ 4 部に属する日系ベルマーレと提携している。チーム顧問として、南米サッカー連盟会長 のニコラス・レオスも名を連ねる。


日系ベルマーレの未来を創る皆様へ

NIKKEI BELLMARE 理事長 淵脇 隼人

日系ベルマーレは、パラグアイ日系人の象徴として、期待を背負って 2006 年に設立されました。日系ベルマーレでは指導の際、サッカープレイヤーとしてのレベルアップの前に、まず、個々のパーソナリティや社会性、協調性を重視します。サッカーのプロスキルを学ぶ場として日系ベルマーレは最高の環境です。南米・パラグアイの選手育成ノウハウを全面的にとりいれ、選任のトレーナー、コーチなど鉄壁のサポートで、競技力の向上をめざします。しかし、上をめざすには、自分自身に妥協しないメンタリティが重要。しっかりとした目的意識のある人、大歓迎です。


NIKKEI BELLMARE 副理事長 湘南ベルマーレ 取締役 水谷 尚人

南米パラグアイに「日系ベルマーレ」が湘南ベルマーレの協力のもと設立されました。「日系ベルマーレ」はゼロから作り上げていくチームとして、パラグアイ 4 部リーグで活躍しています。湘南ベルマーレとしては、強化プログラムの一環としてとらえ、外国籍枠のないパラグアイリーグで、若手選手の派遣・育成・強化を図る計画をもっています。また、南米サッカー連盟の本部はパラグアイにあり、南米サッカー連盟のニコラス・レオス会長も顧問として名前を連ねています。親日家の多いパラグアイでは、今回のチーム設立が大きな話題となり、同時に期待も寄せられています。近い未来、日系ベルマーレから湘南ベルマーレへ、そして世界のリーグ・クラブへ選手たちが飛躍していくことを願い、サポートしていきたいと思います。